« 面白いね | トップページ | うおおおお! »

2006年10月24日 (火)

バトン頂きました。

明治さんからバトン頂いたので回答でし。

製作過程バトン

《回してくれた方の画風》
 可愛く且つタッチがダイナミックですね。

《よく使う画材》
 昔はコピックや色鉛筆とか使ってましたけど。今はすっかりパソ塗りですね。大抵コピー用紙にシャーペンで下描き、ピグマでペン入れ。

《作画過程を教えて下さい》
 必要があれば資料探し→大雑把にアタリを取って下描き→ペン入れ。白黒でスキャンして、パソコン上で線画修正。
 場合によっては背景絵を全く同じ過程で別に用意したりも。

《着色》
 肌(ほっぺピンクや唇なんかもココで一気に)→
 目→髪→服→線画レイヤを起して取り込んだ原画は廃棄→背景(有れば

 面倒臭がりなんで、世間一般でよく用いるマスクなんぞは作成せずに、選択領域ツールで済ませてます。
 そのくせ各パーツごとに最低でもレイヤ三枚は使いますが。なので、実はレイヤ数にすると相当な数になってたり。

《仕上げ》
 デカいまま作業しているので、展示サイズに縮小した後必要がでれば目のハイライトの調整、ぼやけ具合の調整程度。文字入れはココ。

《次に回す5人》
いぶきさん、久紗華さん、あきうしゃぎさん。
ご回答済みならスルーして下さいませネ。

こんなんでてますけど。

何日か前に思いっきり舌を噛んでしまい、未だに痛みが(T_T)
食べると歯に当たって痛い……うう。
口内炎のような痛み。
ドン臭いですな。

|

« 面白いね | トップページ | うおおおお! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147646/12405203

この記事へのトラックバック一覧です: バトン頂きました。:

» どじょうの飼い方 [どじょうの飼い方]
ほとんどの方は、「どじょう」と聞けばその姿を想像出来ると思います。それほどまでに「どじょう」は日本人になじみ深い動物なのです。 古来より食用として用いられてきた「どじょう」ですが、最近では自宅で飼育する人も増えてきました。 残念ながら「は虫類」のエサ用である場合が多いようですが、上手く行けば8年生きると言われており、観賞魚として飼っても楽しめます。 そんなどじょうの飼い方について簡単に紹介していきます。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 15時15分

« 面白いね | トップページ | うおおおお! »